-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-30 21:09 | カテゴリ:日記
あーっと 思えば 10月も終わりに

体制が 変わり あれよあれよと へヴィーDayに突入・・・

コノ時期 暇なりゃ 存在価値なしなのだが 毎年思う

何時か コノ仕事 絶対辞めたる ん~絶対 と


まぁ そんな中でも 仕事上で 出会った とっても気の合う

お客さん等 気分を和ましてくれる方等の ほんの一時は 結構好きだ



Sさん


何時も 突然 フラッと 現る リンク先のSさんタンドラ


Sさん2


グリルの色を変えたぜ! と・・・ 思えば 春に


散々 ケナシタ メッキのグリル 超ダセー と チャライ ガキみたいだ 等

滅茶苦茶に 言いたい放題で・・・ あの時は スイマセンでした ははは


ある時 鹿と喧嘩して 流石のタンドラ君も 顔面に怪我

整形した つるしのグリルが 全部ピッカピッカで そりゃーもー ダセーのなんのと散々

オジサン しっかり反省してますので もう責めないで 許して下せー

ホイールのマークの件と フロントエンブレ加工細工の件は 何時かきっとします。

やっぱ チョッと手を加えると カッコ良くなる筈なんで・・・



その後 反省の意を込め ホイールと干渉する キャリパーを加工・・・




終了



そんでもって この方も 突然 ひょっこり現る方

ひょんな事で知り合い コレマタ気が合う オジサマ・・・

涙の 物語を



S10.jpg


怒綺麗な テンも あなた持ってたのかい・・・


コイツは良い そもそも ジムニーちゅうのは コイツが在ってこそ ジムニーだ



その後の モデルは 私の中では クソッタレの出来損ない 山菜取り 釣り

田舎の郵便屋のクルマとしか思えん どんなに弄っても 所詮 そんなモンだ


しかし このテン この小さなボディに コノいでたち ん~ 傑作だ

良い味してるし そーえば LC系だって 40から70系までかな



あとのモデルは 別に どこもカッコ良くもなく どーでもいい デザインだよなぁ

100・200系など LCのネーミングを引き継ぐ意味が 何処に在るのか?

名前 変えて出したって良かったんじゃネーかと あの ブッ細工なラインは最悪

ほんと価格も仕様も なんの意味があるんじゃ あのクルマ・・・

長屋住まいの憧れか そんなレベルだぜ ありゃ~


話は 元に戻り



自分の中では コノ手のクルマ 良い味出してる 見ていてカッコイイ 

ラインが素敵だもんなぁ ラングラー TJ CJ KJだって


ディフェンダーなんて 最強だ 歴史と文化 そして 味と走り

妄想するだけで そいつと一緒の時間が描ける 色褪せない想いだ

心の貧しい チャライ ヤツには 絶対判らんだろうな~



鬼キャン


再び 話は戻って この方 テンでこんなもんを引っ張っている

ピザ焼き釜・・・  トレーラーのタイヤキャンバーが あ ぁ ぁ・・・




鬼キャン3


前から見れば なんとも 滑稽なお馬鹿なスタイル 鬼キャンどころか

タイヤが テンより はでーに出てるし・・・ バーカ野朗でしょう


いくら北の国が ど田舎でも 国家権力だって 黙ってないだろうよ・・・


鬼キャン2


しかしなんだ この鬼キャン 焼き釜重量 約600kg コイツじゃなきゃ

コーナーが ヤバイ タイヤもよれよれで コイツじゃなきゃ チョッと と


クソガキが よくやってる 現代のクルマにキャンバーつけて 喜んでるのとは

意味が違う  あいつらのクルマ どっからどー見たって 壊れてるしか

私ぁ~ 思えんし 超カッコワリーぜ  似合わんもん 今の車は 

どっからどー見ても 壊れた車にしか見えんよ 誰が見たって・・・



それはさておき この アフロオヤジ コイツを 引っ張って


みなしご達の下へ ピザを焼きに行く 心優しき人達だった



ピザ焼き


彼らを 呼ぶには  空に向かって 大声で アフロ ピザー! と

叫んで下さい と  んな 馬鹿な  北の国の話



このオジサマ  昔から 馬鹿野朗で 

オールド・ミニ フル・チューンオーナーだったり

後に 私に 当時使用してた バケットを譲ってくれた


極めつけは コイツ   私も欲しいクルマ BEST5に入る




2002t.jpg


マルニーターボ オーナーだった  んでもって コイツもチューン済み


クソッタレの 馬鹿オジサマ・・・ よくコイツを手放したもんだと


会うたび 責める 私だった  勿体ねーぞな  ア~ぁ


まア この他 LC70系を2台所有  クルマのジャンルは変われども

好きな気持ちは 幾つになっても 変わらん


この テン君は 手放さんように と 心から祈る そして

歳なんだから あまり無茶もしないで欲しいなぁ と



ココに登場した気が合う2人  何故か 本州出身の方なのは 偶然なのか


先に登場したSさんも 北の国に見入られ 住み着き

どんな夢を見たのか 判らないが  オフ・ロード場を経営してるし


まったくなぁ  元気なオヤジ達は 限度を決めない


どーせ人生1度きり 馬鹿が良いさ 楽しく生きれれば

先の事など  そう そのうち見えてくるさ  そして 何時か終わりが来る

その時  OK 最後の言葉は 決まってる 楽しかったぜ

きっとその為に 今を生きているんだろうな~ クソたれのオヤジ共は・・・








最後に1曲  さー  明日も ガンバレー オヤジ達!






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。